英仏の覇権争いと地図

フランスが台頭したのは近代以降のことです。他のヨーロッパ諸国と比較して出遅れました。

しかし台頭してからの力は他を圧倒しました。その様は当時の地図を見れば明らかです。

ルイ14世の時代、コルベールは財政の統括者として、天文学に秀でていたカッシニにフランスの地形図を作るよう、命じました。カッシニは天文学的知見から、他国が使っていた三角測量では大きな誤差が生じてしまうことを見抜いていました。より正確な地図を作るため、フランス自身が新しい測量方法を開発しなければならないと考えたのです。

フランスが頑張ると、ライバルのイギリスも負けるまいと奮闘しました。イギリスは既に北アメリカ、南アフリカ、インドを支配して、ヨーロッパの覇権を握りつつありました。それに飽きたらず、領土を拡大しようと策を練りました。

その結果、世界の果てまで航海せんとする強い国家的意思を持ち、未だによく分かっていなかったアジアをロックオンしたのです。例えばクックは誰もが知っている艦長です。しかし彼が測量術と天文学に長けた知識人でもあったことはあまり知られていません。

クックは英国政府の命を受け、ニューファンドランド島の地図を作ることにしました。単に船を運転したのではなく、経緯儀、側鎖を使用した本格的な三角測量を、彼自身が実施しました。出来上がった地図は本国イギリスの地図に勝るとも劣らないものでした。因みにクックはその功績が称えられ、ロイヤルアカデミーの会員になりました。

そのクックでも、「南方に存在する未知の大陸」の正体を解明することはできませんでした。この「南方に存在する未知の大陸」という概念は、ギリシアが生み出したものでした。ギリシアの哲学者たちは「コスモス」を信じ、南にも北のような大陸があると考えたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です