案内地図を作ってみよう

最近では、店舗の情報を掲載しているWEBサイト・イベントを告知しているブログの記事やSNSの投稿など、実際に現地へお客様を呼び込むための集客をWEB上ではかっていくためには、その場所の住所だけでなく最寄り駅からの地図などを掲載しているというケースがよく見られています。
またWEBサイトなどだけでなく、店舗やイベントのチラシ・フライヤーやポスター、名刺などの印刷物に簡単な案内地図を載せているというケースも多いでしょう。

こういった案内地図の場合は、「初めてその場所に来るお客様が、最寄駅などの目印となるランドマークから目的地まで向かう際、その道中で迷わないよう最適なルートを伝える」ということが目的となっています。

そして最近では、製図・描画を気軽に行うことができるソフトなども一般的に広く普及してきたこともあって、パソコンさえあれば比較的簡単に案内地図を作ることができるようになってきました。
製図が可能なソフトの中には、パソコンに元から入っているソフトや、ネットでダウンロード可能なフリーソフトも多く存在しています。

ですが、あまりパソコンを使ってデザインや製図などをした経験があまり無いという方にとっては、いきなり案内地図を作るというのは、少しハードルが高いかもしれません。
今回は、WEBサイトやチラシなどに掲載する案内地図を「初めて作ってみよう」と考えている方、もしくは「作ってみたけど、もっと分かりやすいものが作りたい」と考えている方のために、初心者向けな案内地図作りのコツをご紹介したいと思います。

なお現在製図が可能なソフトは多数存在しており、その使い方はそれぞれのソフトごとに異なっています。
そのため、各ソフトの基本的な使用方法などは、ソフトごとについている説明などをご参照いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です