地図の図法いろいろ

『地図』というのは、地球の表面の一部もしくは全面を、図として平面状に表示しているものをさしています。
ただし地球の表面というのは立体であり、それを平面にそのまま写し取ることはできません。
立体を平面で表そうとしても、距離や面積や角度や大陸の形など、地球表面の状態を全て正しく表示するというのは厳しいものなのです。
よって昔から、立体を平面で表示するための様々な切り口や方法が考案されてきました。
その図法ごとにメリットやデメリットは異なっていることから、現在では地図を使用する目的ごとに、目的にもっとも適している図法を選ぶというのが一般的です。

それでは地図の図法のうち、よく知られているいくつかをご紹介しましょう。

・メルカトル図法(正角円筒図法)
船での航海などに使う海図などに使用されている図法です。
地球の中心から見るようにして、赤道部分で地球と接している円筒表面に地表を投影して作図します。
角度は正しいのですが、赤道から離れれば離れるほどと大陸などの面積が拡大されてしまうなど形も実際とかけ離れていってしまうほか、極部分をうまく表示することができません。
そのため純粋なメルカトル図法ではなく、メルカトル図法を元にして生まれた派生図法が使用されているという場合も多いようです。

・モルワイデ図法
各種統計データの分布を表示する分布図などに使用されている図法です。
擬円筒図法の一種であり、地球の表面を楕円形に投影して作図します。
大陸の形のゆがみが大きいものの、面積が正しく表示されていることから、各大陸の大きさや各国の国土の大きさの比較などを見るには適しています。

・正距方位図法
飛行機での航空などに使う航空図などに使用されている図法です。
地球の表面の任意の地点を中心とし、中心からの方位と距離とが正しくなるよう円形に表示します。
大陸の形のゆがみが非常に大きくなるものの、任意の地点までの方位と距離を知るのに適しています。